筋肉痛を避けたいなら運動後マッサージをしよう

女性

医療機関に行くかどうか

レディ

まずは選択するところから

女性は年齢を重ねるごとに、だんだんと女性らしさを失っていきますが、その理由は女性ホルモンの変化にあります。女性ホルモンを構成している二つのホルモンのうち、女性らしさを増す働きをするエストロゲンの分泌量が年齢と共に減ってしまうことから、髪が薄くなったり肌に弾力がなくなったりするのです。医療機関に行けば、女性ホルモンを増やす治療を受けることができますが、エストロゲンを補充しすぎることのデメリットもあります。それは、乳がんのリスクを高めてしまうということです。そのため、女性ホルモンを増やすにあたって、医療機関で治療を受けるかどうかの選択を、まず最初に行うのがいいでしょう。もちろん、医療機関ではエストロゲンの量に気を付けながら調整してくれますので、デメリットの危険性は低くなります。医療機関で治療を受けられるのはわかっても、実際に行くのは気が重いという方も多いと思われます。そんなときは、毎日の生活の中で女性ホルモンを増やす食品を摂取するようにするのがいいでしょう。そのために必要なのが大豆製品で、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれているからです。毎日続けることが肝心なので、毎日摂っても飽きない食品を選ぶのが大事になってきます。おやつ代わりに炒った大豆を食べるとか、水分補給に豆乳を飲むといった方法は手軽でお勧めです。豆乳の栄養は成分無調整の方が高いものの、若干飲みづらいので、成分を調整したものでもいいでしょう。一日200ml程度を目安に毎日続けることによって、女性ホルモンを増やすことにつながります。